お風呂 iPodで音楽を楽しむことは可能?

お風呂場で音楽をヘッドホンで聴きながら読書している服を着た女性

お風呂で音楽を楽しむ!

私は入浴が趣味の一つです。入浴剤も数種類常備しており、その日の気分によって使い分けては、心身のリフレッシュをはかっています。

熱い湯は苦手ですので、適温より若干ぬるめが好きなのですが、長居することが多く、リフレッシュのためとはいえ、少々長居しすぎかなと感じる今日この頃です。

さて、最近ですが、湯船につかっているときに音楽を聴けたらいいなぁを考えることが多くなりました。邦楽ばかり聴いていた私でしたが、洋楽の良さを最近教えてもらったことをきっかけに、音楽熱がぐんぐん上昇しているのです。

お風呂の入りながら好きな音楽を楽しめるのは素敵だなと思い、お気に入りのiPodを持ち出せることを真剣に考えてみました。

防水を考える

いくら音楽を楽しむためとはいえ、風呂場に電子機器を持ち込むのは故障の原因となるため戸惑ってしまいます。もちろん持ち込むためには防水をきちんと考えなくてはいけません。

iPodの防水は袋に入れるのが一番妥当でしょうか。たとえばジップロックのような水が入り込まないようにする処置です。ですが、簡単に水が入ってきてしまう状態では安心してお風呂に持ち込めませんよね。

私は以前、海水浴で貴重品を肌身離さず持参するために、防水ケースを購入していました。これは本来、デジカメを入れるものでしたが、iPodを入れるにはサイズも問題なく、お風呂に持ち込むときはこの防水ケースを使用することにしました。

ネット通販で購入しましたが、確か3,000円前後だったと思います。ちょっと高価ですが、海で泳いで使っていたときも一切水が入り込みませんでしたので、信頼感は大きいです。

イヤホンかスピーカーか

さてiPodをお風呂に持ち込むことは成功しました。次に、考えることは音の出力機器です。具体的に言うと、スピーカーを使うか、イヤホンを使うかという選択です。

どちらを使うにしても、まず考えることは防水です。感電や故障の恐れがある以上、そのままお風呂に持ち込むことは危険と考えます。

スピーカーを使う場合、なにも風呂場に持ち込まなくてもよいかもしれません。脱衣場に設置することで、長いケーブルを使えば音は聞こえてくるでしょう。風呂場の扉を少々開けておくことで音が聞こえてくると思います。扉を閉めたままでもいけるかもしれませんが、きっと聞きづらいことでしょう。音量を上げると家族に迷惑がかかるかもしれないので、あまりお勧めできません。

扉をあけるにしても冬場は寒くなるかもしれませんね。湯気が脱衣場に漏れ続けるので結露の心配もでてくることでしょう。

となりますとイヤホンできくのがベストいえるでしょう。

しかし、イヤホンで聴くとなると防水処理を施す必要が出てきます。普段使用しているイヤホンはほぼ使えないと言ってもよいでしょう。愛用しているイヤホンで音楽を楽しめれば良いのですが、無理をして壊してしまっては元も子もありませんからね。

絶対に浴槽に落とさない、という自信があっても、湯気による湿気で駄目になってしまう可能性もあるので、やはり非防水のイヤホンは風呂場に持ち込むべきでは無いと思います。

となると、ここは防水イヤホンを用意しなくてはいけません。そもそも防水イヤホンなるものがあるのかという疑問があるかもしれませんが、きちんと存在していますのでご安心下さい。

価格も2,000円前後で比較的お手頃感が強いかなと思います。

こうして、防水ケースと防水イヤホンのセットでめでたくお風呂場で音楽を楽しむことができました。

他に工夫すれば投資金額を安価にできるかもしれませんが、プレイヤーが高価である以上、冒険よりは安心を取る方がいいのかなと思います。

参考サイト

イヤホン http://earphone-mrun.net/
イヤホン参考サイト トップページSS高級イヤホンの気になる使用感や写真が掲載。
ポータブルアンプやメーカーリンクなど充実。
イヤホン - 一生ものに巡り会うために [M*Run.]