男性向けの入浴剤

入浴剤というと香りや色のイメージが強いせいか、女性向けのものが多いような印象があります。プレゼントとしても女性に贈る人が多いせいか、男性に贈るというイメージはあまりないかもしれません。しかし入浴剤には疲労回復の効果など、男性でもメリットのある品ですから、男性に贈っても違和感なく受け入れられるのではないでしょうか。いつも頑張っていることを労ってくれたと感じれば、男性でも十分喜ばれるでしょう。男性に贈るときには、どんなことに気をつければよいのでしょうか。

男性向けの入浴剤、というジャンルが確立されているわけではありませんので、やはり贈る人の好みが重要になってくるでしょう。若い人なら香りなどにこっている製品などでもすんなり受け入れてくれると思います。最近は男性でも肌のケアにお金や時間をかけている人が多いとも言われていますし、あまり気にせずに相手の好きな色や香りで選んでみるとよいでしょう。年配の方になるとあまり匂いがきついものや仰々しい色は好まないと思いますので、温泉の効果があるものなどがよいのではないでしょうか。温泉のもとは各地の温泉地のものが出ていますので、相手の出身地や行きたいと言っていた場所の温泉を選ぶとよさそうです。父の日に感謝の気持ちを込めて入浴剤を贈るのもいいですよね。温泉のもとについて全国の温泉地のものをまとめていますので、こちらも参考にしてみてはいかがでしょうか。

全国各地の温泉のもと

贈る際に気をつけたいこと

男性に贈る際に少し気にしておきたいのが、相手が独身なのか、家族がいるのかということです。

独身の人であれば自分の好みだけで入浴スタイルを決められますから、あまり気にすることはないかもしれません。ただ、独身の場合は水道代や時間の短縮を考えてシャワーで済ませてしまうという人も多いので、お風呂に浸かるということをあまり日常的に行わない場合も考えられます。そういったことを事前に聞いてみるのもよいでしょう。直接的に聞くと詮索しているように感じられてしまう可能性もありますので、肌や髪型などの話題から関連して聞いてみるのもいいかもしれませんね。

年配の人は特に多いと思いますが、家族がいる場合には一緒に入る人がいるということを考えて選びたいですね。奥さんやお子さんがいる場合、なかなか自分だけのお風呂というわけにはいかないと思います。実際には違うかもしれませんが、お父さんは一番風呂、というような印象もまだまだあります。贈る相手が好きだからと言って、色や香りに特徴があるものを選ぶと結局使われずにそのまま…なんてことにもなりかねません。また、家族の中にアレルギーなど、肌のトラブルを抱えている人がいる場合にも注意が必要かもしれませんね。なかなかハードルが高いプレゼントになってしまうかもしれませんが、よく知る相手で特に問題ないという場合には入浴剤を候補に考えてみるのもよいと思います。

プレゼントを贈るとなると、自分で使ってうれしい製品やよく知っている分野の品を贈りたいという気持ちもあるでしょう。入浴剤なら普段使っている場合も多いでしょうから、気持ちがこもった贈りものになりそうです。