入浴剤と健康

入浴剤と健康

毎日入るお風呂だから、入浴剤にも気を使いたいですよね。肌にも安心、安全な入浴剤を選びたいものです。肌荒れや敏感肌など、お肌の健康のために入浴剤を利用する方のために押さえておきたいポイントをまとめました。

入浴剤は体に悪い?

「入浴剤は体に悪いから使わない方がいい」という意見があります。健康のためとして作られている入浴剤が体に悪いとはどういう理由からなのでしょう。入浴剤と体への影響についてみてみましょう。

こちらから

肩こりに効く入浴剤

多くの人が悩まされている肩こり。自分ではなかなかケアしにくく、慢性的な症状に悩まされている人が多いと言われています。放っておくと肩だけでなく背中や腰までもがつらい症状に見舞われることもしばしば。そんな肩こりを入浴剤で癒してみませんか。肩こりが気になる人はぜひ御覧ください。

こちらから

冷え性に効く入浴剤

冷え性もつらい症状のひとつです。ある日突然、というわけではなく、気づいたらいつの間にか冷え性の症状が出ていた、という人が多いようです。そんな冷え性を入浴剤を使って改善してみましょう。

こちらから

乾燥肌・敏感肌のための入浴剤

乾燥肌や敏感肌を肌の悩みとして抱えている人は多いようで、こうした症状の緩和を目的とした製品も多く販売されています。入浴剤でも乾燥肌や敏感肌のことを考えたものがあるようです。どのようなものなのか、こちらを御覧ください。

こちらから

入浴剤で体臭は消える?

体臭は自分は気づきにくくても他の人には感じ取られやすいという類のものですから、一度気になるとなかなか考えずに過ごすのは難しいですよね。入浴剤に体臭を消す効果はあるのでしょうか。

こちらから

赤ちゃんに入浴剤を使ってもよい?

大人向けの入浴剤が多い中で、小さな赤ちゃんと一緒にはいるお母さんもいらっしゃることでしょう。肌も未熟な赤ちゃんが入浴剤のお湯に浸かっても大丈夫なのでしょうか?

こちらから

全国各地の「温泉のもと」

健康、癒しといえばやっぱり温泉ですよね。いつもとは違った土地の名湯に浸かってリフレッシュ、なんていいですよね。とは言ってもなかなか行くことができないのが現実というもの。そんな人の強い味方なのが入浴剤。全国各地の名湯と呼ばれる温泉のもとを集めてみました。

こちらから