入浴剤と健康

入浴剤で体臭は消える?

体臭は自分は気づきにくくても他の人には感じ取られやすいという類のものですから、一度気になるとなかなか考えずに過ごすのは難しいですよね。普通に接してくれていたのに実は臭いと思われていた…なんてことになったら相当ショックです。様々な種類のある入浴剤ですが、その効果として体臭を消すことを期待している人は少なくないようです。確かにお湯に浸かれば体全体を包んでくれますから、そういった効果があればまんべんなく効くことになりますよね。入浴剤に体臭を消す効果はあるのでしょうか。

体臭の原因とは

体臭とは体から出る臭いのことですから、口の臭いや頭の臭いなども体臭と呼ぶことができます。しかし、ここでは体の汗くささのことを取りあげたいと思います。体臭とは汗に含まれる脂分が酸化し、それを細菌が分解して臭いへと変化するのが原因だと言われています。汗をかいたあとに臭うのはそのためなのです。つまり、汗と細菌が鍵になってくるというわけです。

体臭に効く入浴剤とは

体臭の原因は汗と細菌にあるわけですから、その辺りを抑えることができればよいわけですね。お風呂にはいることで汗を減らすのは難しいでしょう。体も温まりますし、より汗をかくことになります。そこで、汗に含まれる脂分を分解するような作用があればよいと考えられた製品があります。こうした製品では細菌が分解するまえにその原因を断ち切ろうというものなのです。こうした効果があるものを利用すれば、体臭を防ぐことができるかもしれません。

基本的に体臭は汗が出たあとに発生しますし、人間誰しも汗をかきますので、お風呂に入ったことで体質が改善されるというのは難しいでしょう。ただ、皮膚を清潔にして汗のもとを無くすようにすれば、ある程度は防ぐことができると思われますので、ちょっと気になっているという人は試してみてはいかがでしょうか。

【赤ちゃん】に【入浴剤】は使ってもよい?

大人向けの入浴剤が多い中で、小さな赤ちゃんと一緒にはいるお母さんもいらっしゃることでしょう。肌も未熟な赤ちゃんが入浴剤のお湯に浸かっても大丈夫なのか?と気になる人もいるでしょう。

赤ちゃんの肌は生まれたばかりのころは皮脂分泌が多く安定していないため、よく湿疹ができてしまうほどデリケート。ですから、だいだい生まれてから3ヶ月くらいまでは大人と同じように扱うわけにはいかないのです。その頃は同じ浴槽に入るのも良くないと言われていますので、ましてや入浴剤などは使ってはいけません。

大人と同じようにお風呂に入ることができるのはその後。赤ちゃん向けの入浴剤もその辺りからの使用を考えて作られていますので、一緒に入れるようになったら入浴時の利用を考えてみてもよいでしょう。赤ちゃん向けの入浴剤には洗浄力や保湿力が高いものが多いようです。赤ちゃんは新陳代謝が盛んなので、入浴も毎日おこなうのがよいとされています。赤ちゃんの肌を守るためにも、そうした入浴剤を使うことを考えてみてもよいかもしれませんね。