肩こりに効く入浴剤

肩こりに効く入浴剤

多くの人が悩まされている肩こり。自分ではなかなかケアしにくく、慢性的な症状に悩まされている人が多いと言われています。放っておくと肩だけでなく背中や腰までもがつらい症状に見舞われることもしばしば。こんな肩こりも入浴剤を利用することで緩和できますので、肩こりに効くようなものを選んで使ってみてはいかがでしょうか。

なぜ肩がこるのか?

そもそも、どうして肩がこるのでしょうか。肩がこる原因としては、同じ姿勢が続いたり、緊張して硬くなったりと様々ですが、最終的に問題となるのは肩周辺の筋肉が緊張することなのです。筋肉が緊張すると筋肉に酸素が行き届かず、酸素が欠乏してしまうことになります。その結果、筋肉に疲労物質がたまってしまい、血のめぐりが悪くなるのです。乳酸、という言葉を聞いたことがあるかもしれませんが、まさにこれが肩こりの正体とも言えるわけです。

さて、こうした血のめぐりが悪い状態が続くと、硬くなった筋肉が神経を刺激するなどして「痛み」に変わってしまいます。こうなると薬を塗ったり鎮痛薬を飲んだりしなければならなくなってきます。ここまでくるともう立派な病気と言えるかもしれません。ですから、「ちょっとこっているかな?」というような段階で正しいケアをすることで、肩こりと上手に付き合うことができるのです。

どうしたら"こり"がほぐれる?

それでは、肩こりを外側から緩和させるには、どのようにすればよいのでしょう。まず思いつくのは直接肩をもんで筋肉をほぐすこと。しかし、自分でやるとなかなかうまくできませんし、一部分しか揉むことができないので、効果はあまり感じられないことがほとんど。「揉むと言っても硬すぎて…」という人もいるでしょうし、運動やストレッチとなるとなかなか気が重い…という人もいるかと思います。さきほど説明したように、こりは血のめぐりが悪くなることが原因でした。つまり、血のめぐりを良くすることで改善できると考えられるのです。ここで登場するのが入浴。体が温まれば血管が広がって血行が良くなりますから、肩こりにはうってつけというわけです。

肩こりに効くのは炭酸!

入浴そのものが肩こりに効くことは分かりました。ではどんな入浴剤を使うと良いのでしょうか。誤解を恐れずに言えば、血管が広くなって血液が流れれば流れるほど、血のめぐりはよくなるわけです。ここでは炭酸ガスによる血行促進についてご紹介しましょう。

「炭酸ガスで温浴効果が高まる!」というような売り文句を多く目にしますが、炭酸ガスがどのように効いているのか知らない人も多いかと思います。実は、炭酸ガスが皮膚から体内に入ることで血管の近くの筋肉に炭酸ガスが多くなり、酸素の割合が低くなるため、酸素をどんどん運ぼうとして血管が広がり、血液の流れる量が増えるのです。こうして血のめぐりがよくなれば、肩こりも和らいでくれるので、その後であれば自分でマッサージする程度でもほぐす効果も高まってくれるでしょう。

炭酸ガスが入っている入浴剤が肩こり改善に役立つことが理解していただけたでしょうか。炭酸ガス以外にも生薬入りやナトリウム系の成分が入っているものでも肩こりに効くとされていますが、大事なのは血行を促進する働きがあるかどうかなので、そうした表示などがあるものを選んでみるとよいでしょう。肩こりに効くということを入浴剤選びの一つの基準にしてみるのもよいかもしれませんね。