乾燥肌・敏感肌のための入浴剤

最近は乾燥肌や敏感肌に悩まされている人が多いようですね。肌のトラブルは男女問わず辛いものです。症状がひどい場合にはもちろん皮膚科での診察をおすすめしますが、そこまでではないものの何となく肌の状態に不満や心配がある人も多いでしょう。全身をケアできるお風呂で肌を守ることが出来れば悩みも少しは解消されるはずです。そんな乾燥肌、敏感肌の人のための入浴剤とはどんなものなのでしょう。

感想肌、敏感肌とは

乾燥肌、敏感肌とは、どのような状態のことを指すのでしょうか。乾燥肌とは、その名の通り肌が乾燥してかさかさになるような状態を言います。肌の水分と脂分のバランスがとれず、肌の角質がはがれやすくなってしまうのが特徴です。それに対して敏感肌は、肌が外部からの刺激に過剰に反応してしまうことを指します。ですから、強くこすったり、石けんが合わなかったりというような少しの刺激で炎症が起きたり、かぶれてしまったりするというものなのです。乾燥肌と敏感肌は症状としては似たような状態になることがありますが、原因に差があるため、このように分けて呼ばれているのです。

乾燥肌、敏感肌のことを考えた入浴剤

それでは、こうした乾燥肌や敏感肌について考えられた入浴剤について見ていきましょう。

乾燥肌のための入浴剤を選ぶポイントは、やはり「保湿」です。普通のお湯(さら湯と言います)に入っているだけでは、肌の角質がほぐれていき、肌の水分が抜けていきやすくなってしまいます。そこで、保湿成分が入った入浴剤を入れることによって、ほぐれた角質に保湿成分を浸透させることができるのです。保湿成分とは、簡単に言ってしまえば油なのですが、ホホバオイルやグリセリンなどの成分が効くとされています。また、肌の細胞のすきまに「セラミド」と呼ばれる脂分があり、この成分によって肌がしっとりするようになっています。このセラミドが入っている入浴剤を利用することで、より高い効果が期待できると考えられるでしょう。

敏感肌の場合には、石けんの成分などによっても肌が反応してしまうので、注意が必要だと言われています。基本的には乾燥肌と同じような成分が入っているものを選べば失敗は少ないのですが、「敏感肌」という表現がされている製品のほうがよいでしょう。敏感肌はアトピーやアレルギーに似たような状態になる人が多いと言われていますので、心配な人は皮膚科での相談をおすすめします。

また、どちらの状態にも言えることですが、こうした肌の調子を整える入浴剤を利用する場合は、入ったあとに洗い流さずにお風呂を出るのがポイントです。肌によい成分が入っていますので、洗い流してしまうと皮膚を守ることができにくくなってしまいます。こうした利用方法についても入浴剤に説明が書かれていますので、十分な効果を得るためにもしっかり読んでおきたいものです。