入浴剤の基礎知識

入浴剤と一口に言っても、その種類や成分は様々なものが存在しています。実際に販売されている入浴剤の表示を見てみると、成分や効能が書かれてはいるものの、製品を比べることはなかなか難しいですよね。成分や効果など、正しく知ることで自分にあった入浴剤を選ぶことができます。 まずはこちらからご覧ください。

入浴剤を入れる意味

そもそも、なぜ入浴剤というものが存在するのでしょうか。日本では昔から病気を治すために温泉に入る風習があり、そうした効果を温泉に行かなくても得られるようにと考えられたものが始まりだと言われています。また、文化的な面から見ると冬至にゆずをいれて入る「ゆず湯」なども存在し、こうした風習の元で「健康のために湯に何かをいれて入る」という文化が一般的になっていったのです。

そうした文化の中で、特定の疾患に効果があるとされている成分を配合した製品を製薬会社などが販売することで、入浴剤が広まっていったと言われています。

入浴剤の色

様々な種類の色がついたものが存在する入浴剤。入浴剤に付いている色にはどんな意味があるか知っていますか?色にまつわる話や入浴剤を使う上で知っておきたい色の問題などをまとめました。

こちらから

入浴剤の香り

入浴剤独特の香りは気分を安らかにしてくれる大事な要素です。香りを全面に押し出している入浴剤も少なくありません。気に入った香りで満たされた空間でゆったりとした時間を過ごす、なんて素敵ですよね。好きな香りの中で体がほぐれていく感覚は一日頑張った証として充実感と開放感を与えてくれるでしょう。入浴剤の香りについて、簡単にまとめてみました。

こちらから

入浴剤の表示

入浴剤で気になるのがその表示内容。成分や注意書きなど、細かく書いてあるものや、逆に書いていないものなど、ものによっても違うことがありますよね。「新しい製品が気になって使ってみたいけれど、今まで使っていたものとどう違うのかな…」と使うのをためらっている方もいるのではないでしょうか。そんな入浴剤の表示について、詳しく見ていきましょう。

こちらから

環境と入浴剤

近年話題になっている環境問題。私たちの生活によって地球に影響がでているのか、様々な面で気になってしまうことがあるかと思います。中でも水に関連する問題は大きな注目を集めています。地球全体だけでなく、私たち人間には欠かすことのできないもの。使った水が巡り巡って自分の体に入ることを考えれば、自然と関心も高まるものです。入浴剤もその一つ。入浴剤が入ったお湯のその後について気になっている人も多いのではと思います。そんな入浴剤と環境の疑問についてまとめてみました。

こちらから